残念ながら、海、川、湖、全ての釣りの場面にマッチする1本のサングラスはありません。
季節や天候、水質などのフィールド状況よってレンズカラーやフレームを使い分けることで、より視界は鮮明になり、快適に釣りを楽しむことができます。
このページでは全モデルに偏光レンズを採用しているSUNCLOUDのサングラスの中から、Fishingに適したフレームデザインとレンズカラーを選定しました。
自分の釣りのスタイルにマッチしたレンズカラー、フレームを選んでお洒落を楽しむのも釣りの楽しみの一つではないでしょうか。

しっかりと光量を抑えつつも人の目の特性上「明るく」感じやすいブラウン系レンズ。水底や地面に近い色味のレンズを通してコントラストが強くすることで、見るものの輪郭が際立ち、凹凸や魚の影をより認識しやすくなります。より多くの場面でサングラスにハイパフォーマンスを求める方に信頼されているカラーです。

裸眼で見る色味との差が最も出にくく、かけた時の違和感が少ないのがグレー系レンズの特徴。物体との距離感や質感を際立たせ、太陽光線の強いフィールドで全体的に目に入ってくる光の量を抑えます。サングラスをかけ慣れていない方や、これから釣りを始めたいという方の最初の一本にお勧めのカラーです。

強い日差しを遮られないオープンウォーターではミラーコートがお勧め。オフショアや湖など青白いグレア(眩しい光)が多いフィールドではグレーベースのブルーミラーを。シャローフラットや渓流の光量の多い時間などはブラウンベースのゴールドミラーを。使い分けることで厳しい日差しの中で目を保護し快適な釣行をサポートします。